中学受験で何をする

このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote

中学受験では何をするかで合否が決まります。
中学受験に合格するためには家庭学習が大切です。
もちろん学習塾へ通って受験対策の勉強をすることも必要ですが、毎日学習塾へ通うわけではありません。

毎日勉強するのは家庭で行います。
毎日勉強する癖を身につければ受験勉強も難なくこなせるはずです。
一度勉強の習慣が身に付けば容易には抜けません。
毎日の授業もより理解度が深くなるのでテストで良い点数が取れるようになるでしょう。

中学受験では子供によっては辛い日々になります。
勉強をかなり長時間することになるからです。
勉強をする習慣が身についていれば負担に感じることは少ないでしょう。

低学年のうちから中学受験個別指導塾へ通わせて中学受験に備えようとしている人もいるようです。
低学年のころは思いっきり遊ぶことも必要です。友人たちと外で思い切り身体を動かせば勉強では体験できないようなことも。
遊びの中で「なぜ?」という気持ちが生まれて、自分から調べることで知らず知らずのうちに知識が身につくこともありますし、表現力も身に付きます。
昔から子供は遊ぶことが仕事と言います。
受験勉強は高学年になってからでいいので、低学年のうちは思いっきり遊ばせてあげましょう。